告別式と言う式典を行うことで身近な人の死という人生の大きな相違を受け入れ…。

亡くなった人を弔い葬る場が死者を隣に財産を奪い合う醜い場に変貌し誰が一体故人を見送っているのだろうか、という疑問を思った事を記憶している。
告別式と言う式典を行うことで身近な人の死という人生の大きな相違を受け入れ、仕切り直して新たな生活への、行動する足がかりとなります。
だけど近頃は火葬だけとか家族葬をチョイスする人も増えましたから最後は一番落ち着ける場所でと、ご自宅に帰る方も増えました。
地元密着が伝統的だという葬儀業者が殆どのようですが最近ではお客様の声に合わせた葬儀社など、持ち味をいかした、葬儀社も見られます。
仏式の時では北枕が良いと安置しますがご遺体の安置のルールについては仏式以外のキリスト教・神式などの、様々な宗教や宗派によって決まりごとが違います。

葬儀の式場から弔辞を要請した方になるまで、需要があれば重箱の隅まで記す事が出来るのがリビングウイルの実利です。
家族葬には明らかな同義はなく親族を中心に、近しい方など故人と繋がりの堅い方が介し見送る多少の葬儀を指すことが多いですね。
火葬にあたる職業従事者は江戸時代から僧侶が民間の中に入り道端に放置された遺体を集め、供養して火葬したことに始まり、『オン坊』と言われるようになったのだろう。
ご遺族(【遺族】 の意味 死んだ人のあとに残された家族・親族。 恩給法では、死亡者と生計を共にしていた配偶者・子・父母・祖父母および兄弟姉妹、労働基準法では、死亡した労働者の死亡当時、その収入によって生計を維持していた者(内縁を含む配偶者・子・父母・孫・祖父母)その他をいう。)・ご親族と限定された皆さんのみを誘いだして、お別れを行う、イベントを、「家族葬」と称されるようになり、この頃、定番になって、きたとのことです。
空海の教えを精通して常住の不始末を捌いたり、幸せを夢見る、あるいは、お釈迦様を通して代々の供養をするのが仏壇の役目だと思います。

近々では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場アクセス、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と呼んでいますが旧来祭祀儀礼を進行する場所および、祭祀儀礼を執り行う施設全般を示す呼び名であり、通夜・葬儀・告別式のみ行う施設で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場アクセス、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っています。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)って老後のライフスタイルを『どんな感じに暮らしたいか』と言われる希望を実行すること、生きる姿の終わりに向かって挑戦的に予定することで、満足する生きる活動です。
一般的に葬儀の式場一つに関しても最高級ホテルの大会場がいいという要望もあれば、寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の格式ある雰囲気の中で、お見送りされたいというご家族もおられます。
古来から近しい人の手で仕切ることが一般だった大衆的だった遺品整理ですが、せわしかったり、遺品整理する場所が地方だったり、近親者ではできないのが問題です。
妻や家族への希望を伝達するノートとして、それから己のためのデータ整頓ノートとして、年齢に関係なく気さくに筆を進める事が可能な、暮らしの中でも助けになる手記です。