施主のあいさつは宴が始まるときに

-施主のあいさつは宴が始まるときに法要の施主のあいさつはふつう、法要が終わって宴が始まるときに行います。

話の内容は、法要に参列いただいたことへのお礼、葬儀後の激励、一陣制への感謝、茶葉や宴席の案内とお礼、の三つをメインにし、遺族のその後にもふれ、安心していただくようにします。

宴の前ですから、二分程度にとどめ、お礼の言葉で締めくくります。

-施主のお聞きのあいさつは名残りを惜しんで宴席のお聞きには、参集となごやかなひとときへのお礼、故人も喜んでいること、変わらぬ厚誼のお願いなど、開宴のあいさつと重なっても、感謝の気持ちをていねいに述べます。

本日はご多忙のところ、亡き父・井崎雄作の四十九日法要にご参会い帥-ただきまして、まことにありがとうございます。

おかげをもちまして納会圃骨の儀も無事にすませることができました。

多くの方にお見送りいただ宗9・園き、故人もさぞ喜んでいると存じます。

年ーはい曜院出いはけ同閣は同比民き、知事に葬3.執り行うことができました。

あらためて御礼申し上げます。

葬儀の前後は、悲しんでいる暇もなくあわただしく過ごしておりましたが、日がたつにつれ、落ち着いてまいりますと、父を失った寂しさをあらためて感じております。

とりわけ母は、何かにつけて、父の声やしぐさなどが思い出されるようで、一棋をにじませております。

私も店のことで、迷うこと、わからないことが出てきたときなど、ハメに相談したいと思うことも多く、あらためて父の存在の大きさに思いを致しております。

念品ぷ?、故人への思い気持ちの整理はついておりませんが、いくことが、何よりも父の供養となると信じ、のこされた者が協力して精進する所存です。

皆様からは多くの励ましゃお見舞いをいただき、感謝の気持ちでいっ激の圃ぱいでございます。

ほんとうにありがとうございました。

礼圃ささやかではございますが忌明けの席を設けております。

どうぞ、ごゆっくりお過ごしください。

なお心ばかりの口聞を用意いたしました。

本日はまことにありがとうございました。